Mr.all-rounderへの歩み

ジグソーパズル等趣味のこと多めで、様々なことに挑戦していく姿を書いていくと思うよ。時折、人が言いにくそうな時事ネタにも言及していくかな!事実を知りたい人やあまり見聞きしたことがない感覚に触れたい人にはいいのかもしれない

【偏差値・司法試験・国家総合職・国会議員・上場企業役員数】中央法と関関同立の法を比較 ダブル合格で最終的に中央法に行った理由 

f:id:all-round:20161004171534j:plain

※右上の空白は広告です。 

 

 私は関関同立や中央以外のマーチにも受かった結果、一旦大阪の某大学に行ってから中央法に行った上で述べます(ダブル合格のイメージは同時を想像されるかもしれませんが、厳密には自分の場合同時ではなく両方に受かったってことです)。あまり法学部に詳しく無い人でも、なぜ関西の私がわざわざ関東の中大選んだのか見えてくるかも。

 

まず、大学の偏差値の高い順

※参考にするデータや年で多少数値が上下します。立命館関西学院と関西の偏差値序列はデータ次第で入れ替わります。

 

中央>同志社>(立命館関西学院・関西)

 

中央は偏差値で勝負する大学ではありませんが、中央法に入れるなら関関同立の法学部すべてに入ることが出来るといっても差し支えないでしょう。同志社の法が関西の私立では一番難しいといってもいいでしょう。立命館関西学院関西大学はデータによって入れ替わる感じですね。大抵関大が最下位のことが多いです。難関具合はこの順ですね。

 

「東進」の大学入試難易度ランキング|偏差値一覧

大学偏差値一覧 | Benesse マナビジョン

 

次に、司法試験をみましょうか。

※平成28年司法試験予備試験

 

中央大学 35名合格

同志社大学 4名合格 

立命館大学 2名合格 

関西学院大学 0名

関西大学 0名

 

合格者数合格率共に中央の圧勝です。関関同立の中では、同志社の一人勝ち状態です。

昔は関西大学が少し今より良かったですね。毎年大体こんな感じ。司法試験については、各学校での教授の質や勉強環境やら検事判事任官されてるか、諸々重要なことが多いですが、ここでは省きます。

 

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/ 大学別予備試験合格者数。

 

「法学部は何も司法試験だけじゃない公務員だってあるんだ」

では、公務員の方も見ていきますか。

※平成28年国家公務員総合職合格者

 

中央大学 51名合格 事務次官も輩出

立命館大学 26名合格

同志社大学 16名合格

関西大学関西学院大学は10人未満

 

これも中央の圧勝です。国家公務員は同志社より立命館の方がここ数年のデータ見るかぎり良いようにみえます。同志社より立命館選ぶ選択はあり。

 

国家公務員総合職合格大学ランキング

 

「おれは、弁護士にも公務員にもならないぞ、政治家になるんだ」

じゃあ、政治家も見ていきますか。

※現役国会議員出身大学

 

中央大学 30名

立命館大学 9名

関西大学 4名

関西学院大学 4名

同志社大学 3名

 

中央の以下略。関西で地方議員になるなら中央より立命館とか行く選択はありかも。国会議員になるなら同志社より立命館ですね。

 

現役国会議員出身大学ランキング―有名人の出身大学ランキング

 

 民間に就職希望の人のために上場企業の役員数も見ていきますか。

※全上場会社役員・出身大学2010年調査

 

中央大学 1,090名

同志社大学 533名

関西学院大学 427名

関西大学 405名

立命館大学 314名

 

全上場会社役員・出身大学ランキング トップ100校--慶應が12年連続首位 | HR | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

関関同立ではなく、なぜ最終的に中央だったのかの問いに対して簡単に答えるなら、

中央大学に進学当時、正直自分がどの分野に進むか完全には絞りきれてなかったですが、法律でも政治でも経済でも主要分野で、関関同立より中央の方が良いと思ったから選びました。

 

 

中央大学

日本の私立大学を代表する看板学部として、慶應義塾大学経済学部・早稲田大学政治経済学部(政治学科)とともに『私学三大看板学部』と並び称されていた。戦前は「三田(慶應)の理財、早稲田の政治、駿河台(中央)の法学」と称された。法曹界を始めとして、政界・官界・財界・ジャーナリズム界などに数多くの有為の人材を輩出し続けている。三権の長内閣総理大臣衆議院議長参議院議長、最高裁判所長官)を全て輩出した唯一の私大でもあり、国公立含めても、東大・京大・中央大の3つだけである。古くから中央大学法学部は東京大学法学部と並び称され、東京大学の『赤門』に対して『白門』と呼ばれる。2010年をもって、創立125周年を迎えた。

特に法曹界において、中大閥は東大閥と並び多大な影響力を有しており、最高裁判所裁判官、地方裁判所裁判官、検察庁幹部、東京地検特捜部部長などの歴任者数は、全私立大学の中でも群を抜いて最多である(東大に次ぐ2位)。弁護士数も全私立大学の中で最多(東大に次ぐ2位)で、国内の弁護士の4人に1人は、中央大学法学部の出身者である。なお、私立大学出身者の検事総長(ほとんどは東大OB)は過去に2名いるが、いずれも本学科の出身者である。法曹を目指す学生は、司法試験受験研究サークル「真法会」に入部する事が当然となっている。