Mr.all-rounderへの歩み

ジグソーパズル等趣味のこと多めで、様々なことに挑戦していく姿を書いていくと思うよ。時折、人が言いにくそうな時事ネタにも言及していくかな!事実を知りたい人やあまり見聞きしたことがない感覚に触れたい人にはいいのかもしれない

匿名掲示板にたまにあるギャグの難易度ランキングで大体ノーベル賞受賞がトップに来るけど、あれより上あるんだよなー。

シビアな内容書きますので現実を知りたい方だけ?どうぞ。

読んで納得はされなくて大丈夫です、主観と思われても結構です。

ランキングや難易度を考えるのに、個人の知識や経験や本性が出る部分だから素直に受け入れられるわけがないからです。自分の場合は、実力があれば中卒でもいいと思ってるし、他人からの評価なんてどうでもよくて自己満足メインで資格取ったりしてるから、何が上とかそういった意味では気にならないですよ。

 

私はたまに(1年に1回くらい)ネタで、資格難易度ランキングとかの見当はずれのを、見て面白いし楽しんだりしてますね。匿名掲示板では、努力をしないわ、実力もないわのコンプレックス丸出しの人は、都合悪くなれば逃げればいいし自分が気に食わないだけでテキトウなこと言ったり、話盛ったりし放題だから基本あてにはなんないですけどね。でもそこも含めて人間の汚いところを見れて?ある意味面白いし私は楽しめます。

といっても、その気持ちがわからないわけでもないです。自分の方がすごいのに、たいしたことない人の方がちやほやされることは誰にでもあります。それを説明しても必死と思われるんですよねこれが。ちやほやされるために努力したわけじゃないけど正答評価を受けないことが腑に落ちないねーって。ただ、議論の余地はあるものは良いとして、明らかに劣ってるものを優れてるようにいう人は、ある程度ストレス発散しつつ、現状打開の努力を推奨します(努力してもむくわれないと思うときもありますけども)。嫌いな対象に遠慮する必要はないけど、現実は見ようねって。

 

 

前置きこのへんでさてと、ギャグのランキングはノーベル賞受賞がトップに来て他は、ばーっと序列が載ってます。たしかに半端のない才能と努力が必要で難しいと思いますが、でも、あれって将棋の名人になるのと互角くらいの難しさだと思うんですよね。さらに、その名人に5回ならないと永世名人の資格がもらえないんですよね。ノーベル賞って部門も多いし、毎年あるし、受賞者が複数でるしこれって数だけで言えば永世名人になる方が普通に難しいと思うんですけどね。七冠なんて下手すれば、もう一生現れない可能性も十分ありますね。

 

ここで、永世名人と医師なるのとどっちが難しいとか、わけのわからないことを持ち出して来た場合、ドラゴンボールで例えると、スーパーサイヤ人4の悟空とサタンのどっちが強いって言ってるようなもんですね。あまり詳しくない人からすれば原作のように、人気でサタンと答えるかもしれませんが笑。ちなみに、将棋のプロの養成機関の奨励会に入るレベルはピッコロくらいと思います。

 

永世名人>ノーベル賞受賞>>単に将棋のプロになる(全国各地から神童と呼ばれた子供達が集まってしのぎを削り、その中で年間4人しかなれない上に、年齢制限まであります。)>司法試験予備試験合格>東大理三合格>国家公務員総合職合格≒単に東大合格(学部どこでも)>>>単に医学部合格(私立医学部は、お金積めば勉強出来ない人でも入れるし、国立の琉球大学や私立の聖マリアンナ医科大学なら積まなくても、前者5つに比べたら誰でも努力も才能も無くても合格出来るレベルです。医師国家試験も合格率90%当たり前で、問題も簡単なあげく解答方法も択一のみ。)
 
※純粋に難易度の話です。東大より難しい将棋のプロになったからって、東大に入ったり出来るとも限りません。逆に東大理三に合格しなくてもノーベル賞を受賞する人もいることでしょう。
 
客観的にも難しさで言ったらこの8つの序列は確実にこうなります。
コネやカネで成ることのできる時点で医者って場違いですね。
医師国家試験とか、サービスで実質医学部とセットで考えてるけど(それでも簡単)、純粋に資格試験としてみたらそこらの中堅資格より下手したら、いや下手しなくても簡単です。
 
デマの資格の難易度ランキングに
医師(国立・宮廷)
医師(私立)
って分けてるけど、そもそも大学がどこだろうが医師試験自体の内容が変わらないから分ける必要ないんだよなー。言うまでもなく純粋な資格難易度はどこの大学でも関係ないですね。たとえば、調理師の難易度が50として、調理師(宮廷)で難易度70とか言ってるようなもんですよね。
 
 
東大は、勉強の才能があまりない人でも、偏差値40台からでも1年しっかり勉強すれば、十分合格出来る可能性があるでしょう。人によっては高2の段階で模試でA判定を取ることでしょう(=合格とは限らないけど)。奨励会は、才能が少しある程度の人で、駒の動かし方が分かる程度から、2年しっかり勉強したところで入れる可能性がほぼないです。それに入るのすら難関なのに、奨励会入会からプロになるのはもっと難しいです。史上最速でも羽生さんや谷川さんなど含めて、塚田さんの2年4か月かかってますね。何より将棋のプロは集中力・忍耐力・頭の回転が他を圧倒してますし、常に順位を付けられる厳しい競争の世界なので、競争なんてほぼ関係のない自分が学力をつけたら合格の出来る、ぬるい大学受験や資格勉強なんかと違います。
 
参考に(根拠にはしていない)、山口真由さんは東大入るのに1日10時間勉強して、司法試験に合格するのに1日14時間勉強したらしいですね。もしかしたら結果的には1日10時間勉強でも、司法試験に合格してたかもしれませんが(それ言うなら東大も8時間でも)、言いたいのはそこじゃなくて、難しさを実感して10時間では勉強時間が、足りないと思ったところですね。他には、理Ⅲ現役合格から、中央大学法学部に来て司法試験に挑戦したものの、受からずじまいの人もいますね。他には、将棋のプロになれなくても奨励会OBのカドカワの角川会長みたいな方もいます。
 
将棋人口:約500万~人 プロ棋士:約160人
 
そんで、将棋の強い学校は偏差値にほぼ比例して、東大将棋部ももちろん強いです。その将棋部のトップ5人(部員多いだろうけど強いの選抜で)とプロ5人(プロなら誰でもOK)が団体戦をすれば100%に近いくらいの確率でプロが当然勝ちます。東大将棋部トップ5人と奨励会三段5人が団体戦をしたところで、4-1くらい、悪く見積もっても3-2で奨励会三段がまず勝ちます。東大将棋部のトップに入る人って、超進学校の中学・高校と、将棋部で全国大会で優勝したりと、結果残してる人も多く、将棋にたくさん時間をかけてるはずです。この人たちはプロより弱い言い訳を、将棋に力を入れてないっていうのは通用しないと思いますけどね。それでも、私は東大や京大の方には一目置いてます。
 
一応事実しか書いてませんが、信じられない人は2ch以外で自分で調べてみて、判断したらどうでしょうか。私も5年前に正しいことを、他人から言われたことが信じられず、今になって正しかったと理解した経験もありますね。人間は「人狼」と一緒で、正しいこと言った人が信用されるわけではありませんね。
 
 
よくクイズ番組とかで、活躍されてる人っていますが、あれって頭がいいと言うよりか、知識蓄えるのに興味ある人が多くてクイズが得意だからですね知識が豊富なことも頭がいいって要素ではあるけどね。将棋に限らず図形を頭にイメージ出来ない人は、努力しても棋士なるのは一生無理と思います。
 
 
 
ネットは、ウソはウソと見抜けないと使うのが難しいですよ。
陳腐な印象操作したいだけのデマに騙される人はいないと思いますが。

 

live.nicovideo.jp

 

karapaia.livedoor.biz

 



mainichi.jp