Mr.all-rounderへの歩み

ジグソーパズル等趣味のこと多めで、様々なことに挑戦していく姿を書いていくと思うよ。時折、人が言いにくそうな時事ネタにも言及していくかな!事実を知りたい人やあまり見聞きしたことがない感覚に触れたい人にはいいのかもしれない

医師国家試験の問題を解いてみよう~ part1

医師国家試験の問題を暇つぶしに載せようかなと思います。

全問題が、択一式だから気軽にいってみよう~。

もし的外れなこと言ってたら遊びでやってるだけだけど、突っ込みはOKです。

 

 

早速ですが、これから出していくのは

最新の第110回医師国家試験で実際に出た問題です。

 

3歳の男児。言葉が出ないことを主訴に両親に連れられて来院した。運動発達に
問題はなかったが、言葉が出てこなかった。診察室では、視線は合わず動き回り、
体を前後に揺らし、回転することが多い。積み木を見つけて遊び始めると、集中し
て列に並べ始め、親の呼びかけにも振り向かない。運動発達に遅れはなく、聴覚
障害の所見は認めない。
この疾患について正しいのはどれか。


a 偏食はまれである。
b 言葉の理解は良い。
c 両親の養育態度が原因である。
d 症状が出そろうのは青年期である。
e 自分の意思を伝達することに障害がある。

 

 

 

 

正解はeです。どうですか?クイズみたいで面白くないですか?

aの「偏食はまれ」ってなにがだ・・・。

 

2問目

 

旅客機の客室内が急に減圧した場合に上から落ちて来る酸素マスクを、幼児より
先に同伴の親が装着するよう勧められている理由はどれか。


a 親がやり方を子どもに示すため。
b 小児は成人より減圧症に強いから。
c 小児の脳は成人より低酸素に耐えるから。
d 親が意識を失えば子どもを助けられないから。
e 幼児用酸素マスクが配られるのを待たなければならないから。

 

 

 

正解はdです。私の解き方は、正解が1つしかないのに、bとcは「減圧症に強い」「低酸素に耐える」と、同じようなこと言ってるから違うとみなしました。(しかも潜水士の資格取った時に減圧症の勉強で、子供の方が弱かったと学んだような)eの選択肢は、旅客機と状況にによるんちゃうか?って思ったから違うとして、aは、理由として弱いかなーってことで一番理にかなってそうなd選びました。

 

3問目。

 

22歳の男性。友人に勧められて禁煙外来を受診した。喫煙歴は20 歳から毎日10
本程度。自分で禁煙を何度か試みたがうまくいかないという。現在、大学に通って
おり、既往歴に特記すべきことはない。
次に実施すべきなのはどれか。


a もう一度禁煙を試みてうまくいかなければ再受診するよう指示する。
b 喫煙歴が短いため禁煙外来の対象にならないと説明する。
c 情報提供を行い禁煙の意志を確認する。
禁煙外来を勧めた友人に連絡する。
e ニコチン補充療法を開始する。

 

 

正解はcです。aは何度か試みたのにまた試みさせるところが謎。eはニコチンさらに補充させてどないすんねん。残った選択肢で一番マシなの選んだらOKですね。

 

全部の問題がこんなわけではありませんが、易しめの問題も多いですね。専門的な問題もちょっと勉強すれば十分理解できる範囲ですね。

クイズみたいに解けそうな問題中心でやっていきます~。

 

どおりで合格率90%上回るわけですわ・・・。 

 


 

第110回医師国家試験の問題および正答について|厚生労働省