Mr.all-rounderへの歩み

ジグソーパズル等趣味のこと多めで、様々なことに挑戦していく姿を書いていくと思うよ。時折、人が言いにくそうな時事ネタにも言及していくかな!事実を知りたい人やあまり見聞きしたことがない感覚に触れたい人にはいいのかもしれない

(チェス)お茶目なshredderソフトちゃんとの棋譜を少し解説

私の良き練習相手?との棋譜を少しだけ解説します。

油断するとたまに(よく?)負けそうになります。

 

f:id:all-round:20180410225645j:plain

この局面手番が黒で、白の私が1ポーン損してて状況的にも分が悪いように見えますね。黒が何をしてきたかと言いますと・・・

f:id:all-round:20180410225911j:plain

d4にポーンを突いてきました!黒的にはポーンを昇格させる含みを持たせつつ、黒のビショップがルークに守られてるから交換もばっちこいって感じで、ビショップの利きを通したかったのでしょうが悪手でしたね。なぜなら白がc6のビショップをビショップで取った後にルークで取り返してしまうと、クイーンがa8に移動してルークとキングへの二重攻撃が成立するからです。ルークを失っては黒に勝ち目がないですね。

本譜では白がビショップでc6のビショップを取った後に、黒が気がついたのかクイーンでチェックをかけてきたからビショップを元の位置に引いてきて白のビショップの丸得で終わりました。

 

f:id:all-round:20180410231008j:plain

こんな局面になりまして白の私は・・・

 

f:id:all-round:20180410231122j:plain

b1にルークを移動させました。次にb8に移動させてメイトの狙いです。そうなっては、黒にとってまずいから黒はc1にルークを動かして防いできました。チェックでルークも攻撃されてるからルークでルークを取った後にクイーンが来て、キングがh2に移動、クイーンでポーンをとりつつチェックをかけられるf4に移動って進みます。その後、ピース得してる自分がパペチュアルチェック(千日手)で引き分けにされそうってのを知ってた上でb1にルークを動かしました(相手が正しい手を指してこないだろうって願望もあったり笑)。本譜はクイーンf4まで進んで諦めたのか千日手になりませんでした。

 

f:id:all-round:20180410232734j:plain

終盤戦手番は白、私が随分と追い込まれています。単純なポーンの昇格合戦なら、

a7→g2→a8=クイーン→g1=クイーンとなり、先にチェックをかけられて白の敗北が濃厚に見えます。

f:id:all-round:20180410233442j:plain

何か逆転の手はないものかと5秒くらい考えたら、ビショップd5の唯一の逆転手を発見します。もし黒がg2ならビショップでとって勝ち、キングでビショップをとってきたら、a7→g2→a8=クイーンの時に黒にチェックがかかるから白の勝ちになります。

本譜では、以下のようにビショップを取らずにd4にキングがするっと進んできました。

Bd5!→Kd4→a7→Kd3となりました。次にもし、いさんで白がa8=クイーンとやっちゃうと、e2にポーンが進んでチェックメイトされてしまいます。ですからBd5!→Kd4→a7→Kd3→Be4+!と、さらにビショップでキングを斜めのラインにおびき寄せるためにただで移動させます。

f:id:all-round:20180410234936j:plain

黒はキングが逃げてもビショップをとってもどのみち負けだけど、攻め駒を確実に減らせるKe4とします。白は満を持してa8と、チェックをかけながらクイーンを作ったら適当にチェックをしつつ黒のポーンを奪って勝ちですね。

 

今回は以上です。あんまり役には立たないと思いますが、shredderちゃんと私の?お茶目な一面を見れたのではないでしょうか。