Mr.all-rounderへの歩み

ジグソーパズル等趣味のこと超多めで、様々なことに挑戦していく姿を書いていくと思うよ。時折、人が言いにくそうな話題にも言及していくかな!真実を知りたい人やあまり見聞きしたことがない感覚に触れたい人には良いのかもしれない

代議士の上西小百合さんに「政治家にならないの?」と言われたエピソードを紹介

この記事に限らず全般に言えるから、あらかじめここを目にする方に伝えておきますと、私は某政党にこそいましたが、どこの政党にも肩入れせずにほぼ中立ですね(嫌いな政党はあります)。私には道理の通らない、あらゆる誘惑・圧力が通用しないから、自由に好き放題させてもらいます。と言っても、場合によっては譲歩をしてあげるかもしれないです。もちろん、悪くないのに特定の誰かを陥れたり、根拠もなく発言したりはしませんよ。

 

上西さんとは、3年前に、私が某人の秘書を一時期してたときに、某パーティーに出席したときが初対面でした。

 

f:id:all-round:20160406123042j:plain

ご本人からいただいたものです。

 

おそらく、何の変哲もなくて私の情報も把握してないでしょうから、記憶にとどまってないとは思いますが、軽く挨拶したあとにこんなやりとりがありました。

 

上様「若いですね、政治家にはならないのですか?」

私「そうですねー、まだ早いですからねー・・・。」

上様「一緒に勉強会とかしませんか?」

私「」

 

ってな感じでした。なんやねん勉強会って・・・。

上様も最初お会いした時は色っぽく話しかけてくるし、若くて実物の方が綺麗と思いましたよ(多分)。

 

ここでの意味は、将来的には目指すのかって意味でしょうが、当時選挙に出られない私になるのか聞いておかしいって見方の人もきっといるでしょう。ここでまだ早いからと答えたのも、選挙に出られないというより、未熟だからという意味で答えてます。

 

(これに限らず文章の怖いところは、人によって解釈が違うところですね。)

 

一瞬は、なりたいと思ったこともありますけど、今もし選挙に出れば100%当選するとしても、将来的にも、どこの政党からも政治家になるつもりはないです。理由は真面目にやってると最も馬鹿らしくなる職業と考えるからです。しかも、自分は好青年でもリーダーシップをとるタイプでもないし(かといって人の下につくタイプでもないって周りから言われるけど笑)。とにかくこんな誰でも出来るクソみたいな国の政治家に、なってあげたくないです。

 

でも、ならないの?と言われて嬉しかったですね。ハニートラップ?に逆もあるんやなーと知りましたよ。

 

追記

勉強会に参加して道をそれなければ、今頃自分が代議士になってる可能性がワンチャンあったかと思うと若干後悔もあるかもしれません笑(なるまでは大人しくしててもすぐ失言してすぐ失職しそう笑)。勉強会に参加しなくても道をそれずにその気になれば、どっからシュートしてもゴール決めれてた自信はあります。