Mr.all-rounderへの歩み

ジグソーパズル等趣味のこと多めで、様々なことに挑戦していく姿を書いていくと思うよ。時折、人が言いにくそうな時事ネタにも言及していくかな!事実を知りたい人やあまり見聞きしたことがない感覚に触れたい人にはいいのかもしれない

理学療法士試験に落ちるべくして落ちた者にみる正しい大学選び

※受験に失敗した人とかにも、当てはまる厳しいことが書いてありますので、見るのは推奨しません。私は学歴や資格がすべてとは思ってませんし、中卒でもすごい人がたくさんいるのは理解してます。それ踏まえて言葉悪いけど、正しい大学選びを紹介します。私は理学療法士の試験は受けたことはないです。あくまで外野の意見としてどうぞ。

下にスクロールすると本文が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先日あった、理学療法士試験に案の定その者が落ちました。

何も落ちたことだけを咎めるつもりはありません。誰だって何かしらの試験で結果を出せないことがあるだろうし。ただ、負けを重ねて落ちるべくして落ちてるからね

 

負け要素その1 大学選び

 

調べたらすぐわかることなのでデータはあえて出しませんが、理学療法士の試験って例年合格率が80%を超えてるんですよね。場合によっては90%を超えてますね。なのに、その者が行った大学の理学療法士の合格率は約60%。うん、あきらかに低すぎます。比較的偏差値低くてもこういった資格試験に特化してる大学もある中でこれって、この大学行く意味あったんかなって思います。選んだというより、ここしか入れなかったのが大きいでしょう。まぁ、勉強ができないとこうなります。

 

追記:最新の合格率では74.1%だし、ここ数年のデータ載せときます。

理学療法士国家試験の難易度、合格率 | 理学療法士の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

第51回 理学療法士国家試験|看護医療進学ネット

 

負け要素その2 高校時代に勉強ができたらどうなるのか

 

勉強できると選択の幅が圧倒的に広がるということです。専門学校じゃなくても、理学療法士の学科のある偏差値と国家試験の合格率の高い大学にもいけるわけだし。どこ選ぶかは自由。

 

負け要素その3 勉強しても結果がでないタイプなら

 

勉強せずに試験に落ちるのは当然として、中には勉強しても結果がでないタイプの人もいます。落ちた者とかもその一人です(勉強時間は少ないが試験数ヶ月前から毎日のようにしてた)。上で申し上げたことと重なるところもありますが、試験に落ちたことがダメというよりかは、こんなのもできない人って何やってもうまくいかない人ばっかりってことが痛手です・・・。勉強得意じゃないなら、せめて努力くらいは人一倍がんばらないと! 勉強の才能(適性)ない+努力しない=良い結果が出るわけない。

 

 

負け要素その4 アホはアホを呼ぶ 3人寄ってもアホのまま

 

はれてダメな理学療法士の学科のある大学に進学しました。どうなると思いますか?

OBがたいしたことなかったり、就職に弱かったり、周りから評価されないってのはまだいいにしてもっと致命的なのは・・・

 

周りの学生が、目的意識もなく、なんとなく進学しただけの魅力のないやつの多さよ。

 

進学してから見つける人もいますが、偏差値の低い大学だとその比率も圧倒的に低いです。こんな人らの中で友達になる必要はなくても机並べて4年間すごすんですよ?何しに行ってるかわかったもんじゃありません。

「おれは勉強はできないからこの大学に入った、だけど経済を学びながらミュージシャンになりたい」

とか目的があって進学してたら内容にかかわらず私は素晴らしいと思います。

 

決して、ダメな大学が悪いといってるわけではありません。

その大学ほど、足の引っ張り合いにしかならない傾向が強いことを知ってるから、入って後悔しないために親切で言ってます。

 

 

正しい大学選びは、様々な要素があるでしょうが、適度に合格者出してるところで理学療法士試験の合格率が高い所を選ぶのがいいと思います。

 

こうならないためにも、真剣に大学選びをしましょう。

記事内容は私個人の意見です。

 

 

とにかく受けるなら、ちゃんと勉強して合格して親を安心させてあげてくださいね。落ちて違う道を行くにしても、例外を除いて1つのことをやりきってからすべきです。つまり出来れば再挑戦した方がいいでしょう。それに、医療系の学校や職業ってその道以外だとあまりつぶしがきかないし、さらに、例えば医学部行って医者になれずに別の道行くと、普通の文系より勉強出来て偏差値は高いとは思われるでしょうが、多くのケースで普通の文系よりも、必要とされない出来損ないの烙印が押されかねません。

 

難易度的に、試験見た感じ理学療法士を受験する人の平均レベルの人が、1日6時間の勉強を3ヶ月ほどすれば十分合格しそうに見えます。半分ちょいは過去問から似たようなのでてるみたいだし。だからがんばれ(受けてないのに偉そうにみえたらごめんね)。

 

 

追記:今年もその者は試験を受ける予定です。

結果来て合格してたようです。