Mr.all-rounderへの歩み

ジグソーパズル等趣味のこと多めで、様々なことに挑戦していく姿を書いていくと思うよ。時折、人が言いにくそうな時事ネタにも言及していくかな!事実を知りたい人やあまり見聞きしたことがない感覚に触れたい人にはいいのかもしれない

子ども向けボードゲーム開発 自分のアイデア掲載

・二人でするお手軽ボードゲーム

・独創性のあふれる(出来れば)

・ルールはシンプルで奥深さをだす(出来れば)

・年齢層は子ども向け

 

この4つを目指して、誰の真似も参考もせず1時間くらいで考えてみました。

下の画像はただでさえ字が汚い私が、イメージ膨らますために適当にメモ書きしたものです。

 

f:id:all-round:20160301023931j:plain

盤と3種類の駒を使って遊び、1ターンに1つ駒を動かして、盤の手前(自陣)から奥の真ん中の黒点(仮設定)に先にたどり着けたら勝ちになります。初期配置はどこに何を置くかは自由ですが、画像のように配置する箇所は固定です。もし初期配置で「相手の見て決めてずるい」とか、もめそうな場合は、ジャンケンで勝った方が後に配置できるとかにしましょうか。画像では、黒点と駒の位置が同じ箇所にありますが、黒点の上に駒を置くのは、なしです、黒点の位置を1マスずらします。先手と後手はジャンケンで決めます。自分の番に駒を動かさずパスはなし。自分の駒同士は密着できません。画像では一直線に黒点に向かってますが、盤上はある程度迷路チックに構成します。駒は子どもの好きな動物ランキングトップスリーの犬・猫・ウサギにしました。シンプルにしたかったので、駒は3種類とも同じ動きの前後、左右1マスのみ動けることとしました。3すくみの関係で、犬はネコより強く、ネコはウサギより強く、ウサギは犬より強いとします。この意味は相手の駒と隣り合ったときに、強い駒だけ相手の弱い駒を乗り越えられて、弱い駒は強い駒を乗り越えることができず戦略が必要になります。同じ動物同士なら両方共乗り越えられることにします(両方乗り越えられないにするかも)

毎回ウサギ連続5回とか同じ駒を動かしまくるのもありです。(これも改訂するかも)

駒には動物のイラストと子どもでも理解できる簡単な3すくみの関係とか、ルールを記載します。

 

これで実際やってみてルール調整して一応ボードゲームにはなるかなと思います。